加藤ミケ
http://fesuta.blog23.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2009-05-29 Fri 23:28
学校帰りのある日。保健室から出てきた見慣れない人間に道を尋ねられた。
それが彼女、夏だった。
学年ごとに決まっている、リボンの色で学年が同じということはわかったが、それ以上はわからない。
大抵の女子の顔は把握しているはずなのに、見たこともなかった。
ただひとつ言えたのは、とても整った顔立ちをしていた、ということだけ。

最初は名前も聞かないまま別れた。
それから少し経って、保健室の近くに行くと何度か会うことがあって、次第に僕は彼女と話すようになっていった。
こうして、いつの間にか、保健室に通うのは僕の習慣になっていた。

僕は、そこそこ仲のいい女友達は居たけれど、心から話をしたことがなく、ずっと上辺だけの付き合いをしてきた。
でも、付き合いは短くても、夏だけは何かが違った。
彼女には何故か、僕は心を許していたんだ。

だけど、ひとつだけ。たった ひとつだけ、「違和感」があった。

その時の僕は、それはただの気のせいだと思って深く考えていなかった。


僕がそれを強く意識するようになったのは、「ある事件」があってからだった。



それは、「ある男子生徒が、体育教師を殴った」というものだった。
男子生徒は退学なんてクソくらえと騒いだそうだが、彼の親がかなり力を持っている人らしく、退学という処分は下されなかった。
また、それ以前に、その体育教師というのが男でも女でも構わずセクハラをするような変態で、男子生徒は一躍、生徒のヒーローという形でも校内に名を轟かせた。
というのも、彼は校内でも最も問題児扱いされている、いわゆる不良のトップ的存在で、元々有名人だったのだ。
校外でも、彼、「一高の沢田」と言えば、かなり恐れられている存在だ。
そんな存在と並んで、その事件でもう1人、校内で有名になった人間が居た。
それが、僕だった。
目立たないように生活していた僕が、校内での噂にのぼるなんて考えてもみなかった。
しかも、あの沢田と。


どうしてそんな事になったのかといえば、沢田が体育教師を殴って僕を助けたからだ。
放課後、保健室に向かっていた僕を、例の体育教師が引きとめた。
何かと振り向くと、突然、腕を強くひっぱられ、教官室に連れ込まれたのだ。
突然の出来事に、自分の身に何が起こったのかわからずに驚いていると、ナイフ?いや、カッターだろうか?動揺していた所為か、上手く思い出せないのだが、刃物をチラつかせて、
「大人しくしていれば、手荒なマネはしない。わかるだろ?」
とタバコ臭くて荒い息を、さらに荒くさせながら言ってきた。
そして僕は、ようやく事態を理解した。
近づいてきた体育教師は、太ももの辺りを撫ぜる。目が、ギラギラしていて気持ちが悪い。
このまま素直に従うつもりなんて毛頭ない。
けれど、相手は体育教師。部活はしていても、大人と張り合えるほどの力はなかった。
くそ、と心の中で悪態をつく、このままじゃ本当に、自分はこの男に犯される。
そんなの、耐えられるわけがない。
これ以上自分を見失うわけには、いかない。
誰か・・・そうだ、保健室の先生、生徒でもいい、誰か来てくれ・・・。
「やめろ・・・この・・っ、助けてくれ・・・誰か!!!・・・ぶっ・・・・。」
僕は必死で叫んだ。が、次の瞬間、思い切り頭に鈍い痛みが走った。反動で床に倒れこむ。
体育教師が「だまれ!」と言いながら殴ってきたのだと解った。

状況は最悪だった。
なんせ、場所が場所だ。
教官室があるのは、あまり人の出入りがない西棟。
自分だって、もし保健室が西棟になければ、まず来ようとも思わない。
そんな場所で、誰が気づく?
日に焼けた、赤黒い、力強くて汚い手が伸びてくる。彼女と同じ色のリボンに。
絶望は恐怖に変換され、憎悪とともに僕を支配し始める。
思考の追いつかない頭で、気づいたら叫んでいた。

さっきよりも強く、つよく、叫んでいた。




スポンサーサイト

別窓 | 小説 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<体のパーツひとつ | No problem | 特別な。>>
この記事のコメント
#87 月曜は憂鬱だねorz
大丈夫ですか、リラックスできる音楽とか食事だとかでケアしてみたらどうでしょうか*^^
あまり溜め込まないようにね。

迷惑なんかじゃないですよー、差し支えないならお聞きしたかったところですからなー。

せっかくの贈り物なのにひどいっすねw
うん、落ち着きがあるから暗めの設定でも合うとか勝手に思ってましたw
太陽と影、未読なので読んでみますね。
来るたびにしっかり読んでますよ、陳腐な感想も随時伝えたいです*^^b
でも僕は小説を書かないのでアドバイスなんかはできないですorz

2009-06-01 Mon 00:13 | URL | popo #cwHBdaMk[ 内容変更]
ブロともありがとうです*^^
いや記事がそこにあったなら気になるし読んでしまったですw

脳内構造やばいですか?
こうもっと残酷な感じならまだ分かるけどそんなことないじゃないかw

嬉しいですけどほめれれるの得意じゃないんですみませんorz
ありがとうございます*^^
僕もミケさんの文体落ち着いていて素敵だと思いますよ
2009-05-31 Sun 23:23 | URL | popo #cwHBdaMk[ 内容変更]
#85 こんばんわ~
乗れるとけっこー楽しいです*^^
見ないほうがよかったですよね、すみませんorz

ここからどうなるのかまだ予測できんですなー・・・
楽しみにしております~
あ、ブロとも申請してもよいですか?
2009-05-30 Sat 23:38 | URL | popo #cwHBdaMk[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| No problem |
copyright © 2006 No problem all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。