加藤ミケ
http://fesuta.blog23.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
永遠と思う程の距離
2009-02-22 Sun 21:59
携帯の着信を知らせる 壊れたような震え
街に出てみて知った 人ごみに
身を裂かれそうになったり

ねぇ、忘れないでよ
此の夜空にはまだ
あなたの思い出があるの

二人 身を寄せあっても
何故だろう 何故だろう もうあなたはいない

儚いあなたは 残像だけ残して
わたしの側にいるけど

残像はただ
わたしを友達としか呼ばないの

ただ友達なの



ねぇ、忘れないで待ってるわ
壊れた時計もいつかは直るから

もう一度、同じときを刻もう


二人 いっしょの 時を刻もう


フィクションです。笑
記憶喪失の彼を持つ彼女の視点で書いてみました。

<もう一度、あなたと心からの恋人同士になりたい。>

そんな気持ちを込めて。
スポンサーサイト
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日も雨 | No problem | Re:act>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| No problem |
copyright © 2006 No problem all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。