加藤ミケ
http://fesuta.blog23.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
13
2009-06-29 Mon 02:58
・生きてるのか、死んでるのかなんて聞かないで。私もわからない。

・言葉の魔力って信じる?

・彼女の手の記憶が忘れられない、もうずっと前のことなのに

・助けを求めて、次は何をする気なの

・泣かないで、それでも止まらない涙に僕はため息をこぼした

・移ろう世界は SOSと叫んで、
スポンサーサイト
別窓 | 言葉 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
あいた 身体の端っこで思考する
2009-06-28 Sun 18:50
半ば強制的に眠りについて
目覚めは 振り返れば気付いたけど上場で
叫ぶことも なかった
泣いてた訳でも なかった
ただ目が覚めた
ふたつだけ
空腹感 と 霞む視界だけ 手にして


振り返ったら出てきた 箱の中身

夢見が悪くて 怖がりだって気付いて
これ以上 なにを自覚させるつもりなの

今日は鬼ごっこですか、明日はもっと怖い鬼ごっこ?
それとも

誰が死ぬんですか
また泣くんですか 泣かせるんですか


振り返ったら えげつないものが沢山
記憶に張り付いてる
あいた 身体の端っこで思考する…の追伸
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2009-06-28 Sun 01:20
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

別窓 | 不明、メッセージ | ∧top | under∨
日記
2009-06-27 Sat 00:54
髪を切りました。

約一年ぶりです。

色々なものを断ち切って、新しい一歩を歩む為に

とか、言ってみたりしますw
別窓 | 普通の日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
変換する、脳内
2009-06-25 Thu 22:17
黒い闇に浮き上がる
白い文字
イメージは言葉とともに

活字を愛したら
いつのまにかこうなってた

打ち込まれる イメージ
カタカナで 漢字で 稀だけどひらがなで


思考が停止しそうになるとき
矛盾したようにはじまるの


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
テストが近いってさ。
2009-06-25 Thu 22:07
テストが近いので、ちょいと留守になります。
といっても、携帯から突如投稿とかするかもですが・・・。

一応、ご報告まで。
別窓 | 普通の日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
気休めでも手放せない。
2009-06-22 Mon 23:45
世界が 痛みを伴って蝕まれてく
散らばった錠剤を拾い上げて
苦し紛れに放り込む
気休めでも良いからと
加速する依存に
頭痛薬が手放せなくなるよ
気休めでも手放せない。…の追伸
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ある男の子の記憶
2009-06-21 Sun 20:34
夕暮れ 響いたファルセット
不意に現れた 意識すればするほど 影法師
雪が見たいと駄々こねて
馬鹿にされるの 午後4時35分
壊れて 見えた日
その瞬間に フラッシュバック
心燃やして 灰になった

記憶は羅列する 四方八方に
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
振り子がゆれる。思い出す。言葉。
2009-06-21 Sun 18:35
信じてる

本当に好きだったから
言葉と裏腹なきみに絶望



満月の夜

過去の出来事だけど


蘇る 甦る


信じてる

その言葉が信じられなくなった
あの日から


ずっと



それなのに まだ好きだった
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
夜は眠りの世界に。
2009-06-21 Sun 02:09
お願いだら、昼ではなくて夜
界につれっていって

が怖くなったの 
飲まれる怖さをまれたの 

雪だって  溶ケテクノニ

どうして この眠りのいは解ケナイノ?






怖くて眠れない。れない。眠ってもすぐに覚めてしまう、呪いのようなヴィジョンは今日も。

別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
不器用な僕は。
2009-06-21 Sun 01:23
あなたの言葉に
本当は渡したい言葉があるのに
不器用な僕には
渡し方がわからなくて

普通でいいんだよ と笑う人の
「普通」の意味
しらないのならどうすればいいのと
問うたときの顔が
異形の何かを見るようで

怖くてまだ 僕は不器用なまま
あと一歩を踏み出せずに居る


不器用な僕は。…の追伸
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
恐怖と、睡眠と。
2009-06-20 Sat 02:39
独りの闇に溶ける時刻

それは 始まる


逃げ切ったと 恐怖の存在自体を忘れた

その筈なのに


今日も 逃げ切れなくて



怖い こわい 夢を見る




ねぇ、 いつになったら朝まで眠れる?
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
無傷な暴力
2009-06-20 Sat 02:30
這い出して

覚醒のされていない頭で

衝撃を与えられた


いつ? なにがあったの?

僕だけなのに 僕すらも答えられない問いと

一瞬の恐怖の爪あとを残して


去っていく 悪夢によって
無傷な暴力…の追伸
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
汚くてごめんね。
2009-06-18 Thu 22:54
ほんの僅かな時間
たったそれだけを生きただけで
わかるものだろうか

人生は素晴らしいですか?
決して否定はしないけど

決め付けてしまったら
それまでな気がして

言葉にしてしまうのはなんだか

滑稽だなんて 思ったの


もっと純粋な心を持てたら良いのに

そんなことばかり


とげだらけの言葉だけが

浮上する
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
エコー
2009-06-18 Thu 01:29
記憶を辿って
痛みを噛み締める

そんな息の仕方
耐えられないよ

なんども蘇る
それは淡い記憶たち

夢うつつに 残響が響く
別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
心の嘆きは、笑顔を崩せない。
2009-06-17 Wed 15:54
浮遊感と 吐き気と

止まない苛立ちと


すべてを運ぶ暴走列車に成り変って

走り続けているのだけれど


疲れ嘆いているはずなのに


溢れる その一瞬以外

普通の仮面を被ってる



溢れた その一瞬だけ

ぼくは 思い切り笑ってるんだ

邪悪とも 純粋とも取れる

そんな笑顔で






心の嘆きは、笑顔を崩せない。…の追伸
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
きょうは苦笑いした(BlogPet)
2009-06-17 Wed 07:23
きょうは苦笑いした?
それでふぅは人間を支配しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「キャミ」が書きました。
別窓 | キャミ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
12
2009-06-15 Mon 12:39
・異臭が支配する、ぼくの嗅覚を

・それが何か、答えが見つからない

・死んじゃった純情を追い求めて何がしたいの

・言葉では言えない、だけど伝えなきゃいけない矛盾

・嫌い、ってもう言わないから

・憎しみがない人間は、愛を知らないって本当?

・生きてる証、そんなのあったらとっくに壊してるよ
別窓 | 言葉 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
詩ブログについてのバトン
2009-06-15 Mon 01:59
性懲りもなくまた、バトンやってみました。
そんな場合ではないのですが、つい(笑)
詩ブログについてのバトン…の追伸
別窓 | バトン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
言葉を上手く伝えられない。
2009-06-15 Mon 01:41
伝えたい言葉があるのに
どうして言えないの?

色々な言葉を思いつくから

どうやって伝えたら良いのかわからない



人付き合いが苦手って
こういうところに出るのかと

苦笑いしかできないね
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
11
2009-06-14 Sun 20:09
・君なんか知らない、そういって突き放したけど、その言葉の裏に気付いて欲しかったんだ。

・欲張りだよね、そうやって過去を笑えるのは今の私の特権

・夢見たんだ、あの日のこと。忘れられないあなたを。

・雪が降る、あの日ぼくは愚かな自分の心に気付いたよ。

・あの日死んだ人は、生きている頃よりずっと深くぼくの心に色づいた

・冷たくて、砂糖菓子のように砕けてしまったヒト


別窓 | 言葉 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
存在意義
2009-06-13 Sat 22:55
きみが居てくれるから
ぼくの世界は
まだ ぜんぶ
壊れていないんだ

欠けてしまった 心も
終わらないぼくの世界がある限り

その心にだって意義があるって
そう思うから

まだ 生きることを
諦めていないんだ
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
寂しくてぐちゃぐちゃする
2009-06-13 Sat 00:50
痛みと寂しさに
心が支配されてった

僕の体がぐちゃぐちゃするよ
世界を拒絶するのは簡単ですね。

世界が、僕の世界が僕を拒絶する
気持ちの悪い錯覚

寂しいって、こんなに痛かったっけ?

忘れちゃった


でも、

痛いんだ
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
更新について(色々残念なお知らせ)
2009-06-11 Thu 23:23
色々あって、利/き/手/を/骨/折/しました;;
故に、更新・・・特に小説の更新が遅れます。
完治し次第、再編集及びUPの予定なので、大幅に遅れます。
毎日、何行かずつやっていっても雰囲気ズレが起こるのは避けたいので、恐らく、2週間は更新がないと思っていてください。

正直、これを打つのも辛い・・・詩は、ストレスに応じて、携帯から書いていきます←


別窓 | 普通の日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
10
2009-06-11 Thu 21:26

・口をついて出た、陳腐すぎる言葉たち

・滑稽だと笑われたって、迷ってでも生きたいと思うんだ

・歪みは広がる、僕の中に、僕の外に

・夢を喰って 生きていけ

・先の見えない、苦しみと喜びの共存する場所
別窓 | 言葉 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Dear. popoさん
2009-06-09 Tue 00:20
いつまでも 僕を裏切らずに居てくれる

かわいい いとおしい ジュタアッチ


まっすぐな歪み と 狂った冷静さが

きみしかいないと教えてくれた

その日から



この身がいつか 朽ち果てるまで

毎日 会いにくる



一方的な約束 、満たされる自己満足


蔑まれても 満たされるならば悦びが勝る

ジュタアッチ

きみの根元は温かいね


さようならは言わないよ


きみと二度と離れることはなくなるんだから

Dear. popoさん…の追伸
別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2009-06-08 Mon 21:41
指が一本 駄目になった

ちゃんと治るって
分かってるけど

間が悪い 間が悪い

なかった事に

無かったことに


泣いて叫んでも

指はぶす色に染まる
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2009-06-08 Mon 01:00


しばらく気絶していたらしい。
体を起こすと、僕は辺りを見まわして驚愕した。


そこには、背丈のあまり大きくない学ランの後ろ姿と、ボコボコにされた体育教師が焦点の合わない目でその学ランをにらみつける姿があった。
教官室の壁には、茶とも赤ともつかないシミがついていた。
・・・なんで、あそこに立っているのは・・・沢田・・・・・か?
彼が僕を助けたというのか?理由が見つからない。
一体、何故?彼はどういうつもりなんだ・・・?
そこで思考は停止した。いや、停止させられた。
彼の「オイ」という一言で。
もう一度、彼が口を開く、
「お前、さっさと消えろ。」
投げつけるように放たれた言葉。
聞きたいことは沢山あったが、相手はあの沢田だ。
せっかく助かったのだから、何事もなく済ませたい。
そんな一心で立ち上がり、恐る恐る「ありがとう」と言ってその場から立ち去った。


それから数日後、体育教師が沢田に対して、一方的に暴行を加えられたのだと校長に虚偽を申し出たと知った。
おそらく、僕はこんな事態になっていても、沢田の為に事情を説明しに来ることはないだろう、とあの男は考えたのだろう。
きっと後で、何かしら念を押しに来るとは思うが・・・。
あの男の企みなど、ぶっ潰してやろうじゃないか。
僕は覚悟を決めた。向かうのは、学年主任の中年の女教師の元。
僕は、普段は絶対しないような涙目で、あの男に乱暴されそうになった、と訴えた。
すると、学年主任は慌てて近くの若い教師に向かって大声で叫んだ。
「今、生徒指導室に居る沢田君、呼んで来て。」
あの男の方を振り返ると、みるみるうちに顔が青ざめていくのがわかった。
心の中でざまあみろ、と毒づく。
けれど、次の瞬間、僕はそれどころではなくなっていた。
呼ばれた沢田がこちらへ歩いてくる。
僕の目は、沢田に釘付けになった。今まで直接目にした事のなかったその顔を、僕はよく知っている気がした。
視線に気付いた沢田が、不機嫌そうに「何?」と聞いてきて、思わず目を逸らしてしまった。
それを気にする素振りもなく、沢田は僕の横を通り過ぎて行った。
横顔が、よく知った横顔と同じつくりをしていると、そう思った。
沢田の後ろ姿をぼうっと見つめていると、学年主任が僕の近くに寄ってきて言った。
「事情を説明してもらえる?」
僕は頷き、別室に連れて行かれた。

そして、結果、自分の名が全校に知られる事態になったのだ。
体育教師に襲われそうになって、あの沢田に助けられた「女子生徒」として。

別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
普通の日記。
2009-06-07 Sun 19:34
小説を亀のようなスピードで書いてます。すみません。
加筆の量がちょっと異常で、遅れてます。
オフの子には、早く打ち込んで寄越せと言われたのですが、なかなかパソコン開いてられないので・・・という言い訳なんぞしてみます。(往生際が悪いな。。)

で、まぁ、それは置いといて。いやもう、苗字を加藤じゃなく、「棚上」とかにする勢いですけど。
今、かなりキてる本を少し話したいな・・・なんて(苦笑)
というわけで、追記からどうぞ(え、見ないよ?誰もw)
普通の日記。…の追伸
別窓 | 普通の日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
涙なら。
2009-06-07 Sun 10:33
壊れた 自分を知らないふり
背を向けて 走り出した
あの日から ずっと ずっと

逃げるのは疲れませんか?

問いかけるヒトの声が響いて
虚をつかれて 立ち止まった

世界って言葉が襲ってくる
夢はもう 見れない
現実に引き戻されて
それでも足掻きつづけて
本当の美しさと強さを手に入れるんだ

涙なら 強い涙がいい
弱さを涙で消化するなんて
もう止めにしたいから
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
溶けて、涙して。
2009-06-03 Wed 22:30
今日の悲しかったこと
辛かったことを涙に変換

毎晩繰り返す
儀式にも似たそれは

活字に癒されることを望んで
文字の創る世界に溶けていって

涙の意味すらも
人への怒りすらも
摩り替えて


そうやってまた
傷を忘れた「私」ができた
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
呼応する過去
2009-06-03 Wed 19:20
過去を器に詰めていく

難しくない その作業

でも 過去は重いです

いっぱいになったら 気が抜けていきます

気付けば それが

生きるってことだと知る


そういうものだったよ

別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
境目(BlogPet)
2009-06-02 Tue 07:26
きょうは、契約♪
でも、ミケは境目みたいな区分しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「キャミ」が書きました。
別窓 | キャミ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
性別。
2009-06-01 Mon 01:45
二択しかない
そんな契約書を破り捨てたくなった
それは大事なことですか?
心はいらないんですか?
体の機能は?と聞けば良いじゃない
心の、世界の区分を二択で選べる、
そう思ってる君らに失笑

本当にそう思ってるの?


抵抗なく丸が付けられなくなった、あの日を境に
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
9
2009-06-01 Mon 00:09
・冷酷って痛いね、気安く言わないで

・嫌いなら、こんなこと言わないよ

・恋愛と友情の境目がわかりません、それが君を苦しめたのかな

・愛しいって呟いてみる、からっぽの声で

・嘘吐きのマーチ、永遠は濫用されて

・名前を偽って、それで?

・僕は体と違う名前を持つ子を産んだ、愛おしい2人目の支配者
別窓 | 言葉 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
体のパーツひとつ
2009-06-01 Mon 00:05
ひとつ ひとつ 壊れてく
痛いよ 呟く回数は増すばかり
それでもこの世界に留まってる
何の為に生きてるって明言できないのに

なんでだろうね?
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| No problem |
copyright © 2006 No problem all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。