加藤ミケ
http://fesuta.blog23.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
血のニホヒ
2008-02-29 Fri 19:27
それは口癖のように
わたしの口からついてでる
ほらまた
ありもしない現実を見て
感じ取って 言葉投げる
それは魔法の呪文のような思いさえ
生み出すのだ


 "あぁ 血の匂いがする〟


気づけばまた、ふと微笑を洩らして呟いてる

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ワンダーランド
2008-02-23 Sat 18:01
カタリ、と扉の開く音
目の前に広がったのは
何も変わらないわたしの毎日で
ちっとも不思議なんかじゃなかった
けど、わたしにとって幸せな其処は

忘れられないワンダーランド
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ハヤク (BlogPet)
2008-02-21 Thu 07:16
ミケの「 ハヤク 」のまねしてかいてみるね

ねぇ神様毎夜問いかける涙が滲んで見えない月壊れた心をどうか包んで見えない月壊れた心をどうか包んで

*このエントリは、ブログペットの「キャミ」が書きました。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ハヤク
2008-02-20 Wed 20:14
ねぇ 神様
毎夜問いかける
涙が滲んで見えない月
壊れた心をどうか包んで
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
アンラッキー
2008-02-17 Sun 11:49
全ての時が一気に訪れたような感覚
焦りの最高潮
犯した罪は大したことないのかもしれないが
それでも恐ろしい結果を招く
最低な自分
どうしてこうも嫌な思いをさせてしまうの?


納得できる自分になりたいよ
悔し涙のアンラッキーデー
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
それで記憶した(BlogPet)
2008-02-07 Thu 07:33
キャミは、ふぅで群れ懺悔するつもりだった?
でも、感情が維持するつもりだった。
それで記憶した?

*このエントリは、ブログペットの「キャミ」が書きました。
別窓 | キャミ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2008-02-06 Wed 20:02
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい ごめんなさいあごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいやごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいかごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
…の追伸
別窓 | 不明、メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2008-02-01 Fri 21:42
ひとり歩みを進める
まだそれは正午がやっと過ぎた頃で
太陽がその存在をデラデラと在らしめていて
泣きそうなわたしには
その日差しは痛すぎて、でも暖かくて

乾いた笑いを洩らし
気づくんだ
歩くことだけを考えて
いかにも速そうな音をあげて
通りぬける車の群れを
こころのないような瞳に反射させていた
けどふと光が眩しくて
向いた下にずっと居てくれた存在に気づいたの
わたしの足にぴったりとくっついて、
世界にカタチを落としている
『辛いとき、寂しいとき、ずっと側に居るよ。』
そう言っているみたいで、
きっとそれは神様がくれた、
人がひとりで生きることを突きつけられたとき
いつだって側に居てくれる存在で

『夜には、僕は見えないかもしれない。
  きっと闇に覆い隠されてしまっているかもしれない。
   けれど、闇は僕だから。そんな夜はずっと側で、君を包み込んでいるから。』

そういわれている気がして、


人は脆く不安定で、絶対が通用する存在____『影』のもとで、

 人は下を向いて そして、もういちど上を向くことができるんだろう


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| No problem |
copyright © 2006 No problem all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。